スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身魂磨き

贈り主:日月神示 完全ガイド&ナビゲーション P226

「身魂磨きとは、善いと感じたことをただちに行うことぞ」

「身魂磨け出したら病神などドンドン逃げ出すぞ」

「どこでどんなことをしていても、身魂磨けてさえおれば、心配なくなるぞ。心配は、磨けておらぬ証拠ぞ」

「われが助かろうと思うたら、助からぬのざぞ。その心、我れ善しざぞ。身魂磨けた人から救うてやるのざぞ、神うつるのざぞ」




(*´ω`*) どんどん心をキレイにするのだ
スポンサーサイト

日本は神の国。そして秘策

贈り主:日月神示 完全ガイド&ナビゲーション P80

「神の国は神の肉体と申してあるが、いざとなれば、土も、草も、木も、何でも人民の食べ物となるようにできているのざぞ。何でも肉体となるのざぞ。なるようにせんからならんのざぞ。それで外国の悪神が神の国が欲しくてならんのざ。神の国より広い肥えた国いくらでもあるのに、神の国が欲しいのは、誠の元の国、根の国、物のなる国、元の気の国、力の元の国、光の国、真中の国であるからぞ。何もかも、神の国に向かって集まるようになっているのざぞ。神の昔の世は、そうなっていたのざぞ。磁石も神の国に向くようになるぞ。神の国を拝むようになるのざぞ。どこからでも拝めるのざぞ。おのずから頭下がるのざぞ。」

このように、日本国は本来、神聖にして冒されざるべき真の神の国である。その日本に悪の神が渡りきて、霊的には日本人はほぼ完全に、悪魔に魅入られてしまった。そしていまや世界のすべてが悪神、悪魔の手中に落ちんとしているその時に、太古、悪の多数決により地球神界から葬り去られたはずの、善一筋の元の生き神・国常立大神と、その系統の正神の神々が、再び世に現われ出る兆しが見え始めたのである。


「悪神よ、日本の国をここまでよくも汚したな。これで不足はあるまいから、いよいよこの方の仕組み通りの、とどめにかかるから、精一杯の御力でかかってまいれ。学問(悪)と神力の、とどめの戦ざぞ。」

世界が九分九厘まで悪の天下となったところで「一厘の大引っくり返しの秘策」により、右回転から左回転に変わるように逆転し、世の流れが悪の世から善の世へと向かい出すことが示されている。




(*´ω`*) 夜明け前が一番暗いのだ

敵は自分

贈り主:ジェームズ・アレン全集10 P62

人は自分自身に打ち克つことによってこそ、悪に打ち勝ち、罪や悲しみを乗り越えるのです。




(*´ω`*) 自分に負けるな

どんなときでも

贈り主:ジェームズ・アレン全集10 P30

人生でどんな立場にあろうと、平静と落ち着きを養うことによってあなたの放つ思考の力を一点に集中する方法を身につけるべきです。

良い考えを心に抱きなさい。

それはすぐに外の生活において、良い状況という形で実現されるでしょう。




(*´ω`*) 周りのノイズを上手に排除するのだ

どんどん逃げろ

贈り主:脳内

「自分さえ、自分たちさえ痛い思いをしなければ、他の誰かが犠牲になるのはしょうがない。」

「悪いのは私じゃない。私たちじゃない。」


さぁ、今までと同じように、どんどん逃げればいい。

誰もオマエを、オマエたちを責めない。

逃げれるなら、どこまでも、逃げれば良い。

今までと同じように、上手に生きているつもりで、生きていけ。


いつか必ず、ツケを払うときがくる。

それまでは、どんどん逃げろ!

生き残るヤツが強いんじゃない。
生き残るヤツが賢いんじゃない。
生き残るヤツが偉いんじゃない。

そんな風にしか生きられないオマエやオマエたちの犠牲になってあげられる人の方が強く、賢く、偉大なんだ。

これは怒りや憎しみや悲しみじゃない。

自分への戒めだ。




(*´ω`*) 今日も日が昇るのだ

苦難が続く理由

贈り主:ジェームズ・アレン全集10 P37

苦難が続くのは、取り除かれるべき自己というモミ殻が残っている間だけです。

脱穀機にかけて穀物がすっかり取り除かれると、苦難もその活動をやめます。

苦しみの唯一にして最大の効用は、役に立たないもの、不純なものをすべて純化し、焼き尽くすことです。

純粋な人に苦しみは続きません。




(*´ω`*) 逃げずに立ち向かうのだ

冷静と忍耐

贈り主:ジェームズ・アレン全集10 P24

冷静と忍耐は習慣化することが可能です。

まず、冷静で我慢強い思考を努力して会得し、それから怒りやいらだちが永久に無くなるまで、たえずそのことを念頭におきながら生きるのです。




(*´ω`*) 冷静と忍耐は自分のためなのだ

自我を捨てる

贈り主:ジェームズ・アレン全集10 P147

自我を捨てるということは、華美な服を処分する、富を手放す、特定の食べ物を断つ、上品な言葉を使うとういことをするだけでなく、うぬぼれを捨てる、富への欲望を手放す、わがままを抑える、憎しみ、争い、非難、利己主義のすべてに別れを告げ、優しく、清らかな心をもつことです。




(*´ω`*) 汚いと思うものを捨てるのだ

神の摂理

贈り主:シルバーバーチの霊訓(12)P59

神の摂理(原因と結果の法則)に逆らった生き方をする人は、みずから酷しい収穫を刈り取らねばなりません。

摂理に素直にしたがって生きる人は、物的な面においても霊的な面においても幸せと豊かさを手にすることになります。




(*´ω`*) 素直が一番なのだ

人工地震

贈り主:脳内

なんか右往左往しましたが、今回の東北地方太平洋沖地震は、どうも悪い人たち(無知な人たち)が「 人工地震 」を起こして発生させたみたいです。

今も一生懸命に関東に「 人工地震 」を起こそうとしているみたいですが、なかなか思うようにいかないみたいです。

放射能もビビルことはないみたいです。

悪い人たち(無知な人たち)は、首都圏の人たちをパニックにしたいのだけれど、日本人は落ち着いているから、なかなかパニックにならなくて困っているみたいです。


やはりどんなときも落ち着いて、心をキレイにしておくことが大切なんだと思いました。

そして、現実として被災者の方々は今も苦しい生活をしています。そんな大変な生活をしているのにも関わらず、私たちに大切なものを教えてくれました。


ありがとうございました

ありがとう

贈り主:脳内

諦めない、嘆かない、不安や心配に飲み込まれない。
そして自分に負けない。

これは自分との戦いです。
自分の中の悪魔との戦いです。
本当の敵は自分です。

「どんなときも心をキレイに保つ」という最高の武器を手に入れることができたことに感謝します。

被災者の方々のTVでのコメントに感動と涙が止まりません。なぜそこまで心がキレイでいられるのか。
己の小ささと汚れた心が恥ずかしいです。

同じ日本人として産まれたことに感謝します。

本当にありがとうございました




これは試練

贈り主:脳内

これは試練のような気がする。
快適な状態のときは、自分が満たされているから、その人の本性は隠れているけど、自分が快適じゃ無くなれば無くなるほど、本性が出てくる。
その本性が自己中のような汚いものか、自分をキレイなものかによって、この試練をクリアできるかどうかが決まると思う。
改めて、いつもどんなときも心をキレイに保つことが大切だと思います。




負けるな

東北地方太平洋沖地震

贈り主:脳内

2011/03/11(金) 14:46 三陸沖 M8.8

地球のわずかな力が及ぼす影響を知りました。


<<原発事故対策>>
贈り主:放射能で首都圏消滅 P33
原発の施設から”きのこ雲”やもくもくとした”水蒸気”が上がったり、”煙”が継続して出ていれば、大事故が起こっていると考えてください。

贈り主:放射能で首都圏消滅 P34
放射能はほこりのような状態で、目に見えない細かいチリとなって飛んできます。

贈り主:放射能で首都圏消滅 P38
第一に大切なのは、「放射能の細かいチリを体に取り込まないこと」です。

贈り主:放射能で首都圏消滅 P39
原発事故後、10日以上たてば、大気中のほとんどの放射能は拡散してしまっていると思われます。

贈り主:放射能で首都圏消滅 P40
被害を最小限にできるのが「防じんマスク」です。お勧めは「DS2」と「DS3」です。
※花粉マスクは花粉より放射能のチリのほうが小さいのでNGみたいです。

贈り主:放射能で首都圏消滅 P50
原発震災が起きたら、トロロ昆布を食べよう
※トロロ昆布にはヨウ素がたくさん含まれてて放射能が原因で発生するガンに有効みたいです。



魂の性質

贈り主:ジェームズ・アレン全集10 P125

あらゆる魂はその性質に見合ったものをひきつけます。

その魂にふさわしくないものがやってくることはありません。




(*´ω`*) まだいらないものがやってきます・・・

摂理の働きは完ぺき

贈り主:シルバーバーチの霊訓(12)P59

個人であろうと集団であろうと、民族であろうと、摂理(原因と結果の法則)に反したことをすればそれ相当の代償を支払わねばなりません。

私はつねづね摂理の働きは完ぺきですと申し上げております。

その結果が人間の目には見届けられないことがありますが私は、原因と結果とが前になり後になりしながら機能していることを確信しております。




(*´ω`*) ありがたい法則なのだ

自分の中

贈り主:ジェームズ・アレン全集10 P154

人が自らの中に平安を見出せないとしたら、ほかのどこに見いだすというのでしょう?
自分一人でいることを恐れるとしたら、人中で不動でいられるでしょうか?
自分の思いとの交感に楽しみを見いだせないのなら、他者とつき合っても惨めなだけではないでしょうか?

自分の中によりどころを見つけていない人は、いつも変わらない安息所をどこにも見つけられません。
外側は変化し衰えてゆく不安定な場所ですが、内側ではすべてが確かで、祝福されています。

魂はそれ自体で満ち足りており、足りないものがあれば十分に与えられます。
あなたの永遠のすみかは、あなたの中にあるのです。




(*´ω`*) 外ばっか気にしてたら中身が無くなちゃうのだ

運は存在しない

贈り主:シルバーバーチの霊訓(12)P58

幸運というようなものは存在しません。
法則の働きがあるからです。たまたまそうなったというようなことは一つもありません。

法則によって規制されている宇宙においては、すべての出来事は原因と結果の関係で生じています。




(*´ω`*) 見えない部分があるから偶然とか運になるのだ

もっとも崇高な課題

贈り主:ジェームズ・アレン全集10 P159

自己を完成することほど立派な仕事、高度な技はありません。

人生は心から生まれるということを理解しましょう。
そうすれば、目の前に幸せへの道が開けるはずです。
なぜなら、そのとき人は、自分が力を持っていることに気づくからです。

それは心を支配し、自分の理想に合わせて作りあげていく力です。その力に気づいた人は、すばらしい思いと行いの道を、力強く、しっかりと歩いていこうと決めます。

すると、人生は美しく神聖なものとなり、遅かれ早かれ、すべての悪、混乱、苦しみが逃げていくでしょう。
なぜなら、疲れを知らない努力によって心の門を守る人が、解放、悟り、平安に到達せずにいることなど、ありえないからです。

静かで賢く、洞察力のある精神を持とうとする人は、人の世でもっとも崇高な課題に取り組むことになります。




(*´ω`*) う~ん。自己の完成は全く見えてこない・・・

人間は慣れる生き物

贈り主:脳内

暖かい家から急に外に出ると寒くてしょうがないけど、ある程度外にいれば寒さにも慣れてしまうように、人間は適応能力があるから、どんな環境でも、受け入れてしまえば、楽になるはずです。

「私はこんなところにいる人間じゃない」と周りを見下したり、「前は良かった」と過去にしがみついたりしていると、そう言っている本人が一番被害を受ける。

何か自分が作業をやるときも、やる前は、「いやだ。いやだ。」と言ってても、実際にやるときには、積極的に頑張るのが一番自分にとって良いような気がします。
イヤイヤやるのが一番損をしている気がします。




(*´ω`*) 自分を良い状態にもっていくのだ

原因と結果の法則

贈り主:シルバーバーチの霊訓(12)P58

摂理は完璧です。
ひたすら人のためを心掛けた生活を送っていれば、その人を通して大霊が働きます。あなたにもその可能性があり、すべての人に例外なく言えることです。
「それは無理です。」とあなたがおっしゃっても私は「可能です」と申し上げます。

摂理は完全であり、ごまかすことはできません。
その点をよく理解して実行に移さないといけません。




(*´ω`*) 原因はいつも自分なのだ

一人で立つ

贈り主:ジェームズ・アレン全集10 P155

自分の内にある真理の光を導きとせず、神であれ人であれ、他者の助けを当てにしているうちは、一人で立てるようにはなりません。
一人で立てないうちは、あなたは自由ではなく、完全に祝福されてもいないのです。

だからといって、自信過剰と自己信頼を混同してはいけません。うぬぼれというもろい基盤の上に立とうとすれば、すでに倒れているのも同然です。
うぬぼれた人ほど他者を当てにするものであり、その人の幸せはすべて他者の手に握られています。

しかし、自らを頼みとする人は、独りよがりの自信の上ではなく、自らの内にある永遠の法則、原理、理想、真実の上に立ちます。
そこでうまくバランスをとり、内なる情念の波ににも、外からの意見の嵐にもさらわれないよう、しっかり足場を固めているのです。




(*´ω`*) まだ一人で立つとフラフラするのだ

思いと世界、魂と肉体

贈り主:ジェームズ・アレン全集10 P126

あなたの世界を作っているのは、あなた自身の思い、欲望、向上心なのです。思いの力によって内側を作りあげれば、それに合わせて、外側の世界が形づくられていきます。
心の奥底にどんな思いを抱こうとも、それは因果という必然の法則によって、遅かれ早かれ外側の世界に反映されていくのです。

すべての魂は、経験と思いが寄り集まってできた複雑な結合体です。
肉体とは、魂が自らをあらわすための一時的な乗り物にすぎません。




(*´ω`*) 思いと魂が元なのだ

霊性の高さ

贈り主:シルバーバーチの霊訓(12)P58

あなたの霊性の高さは人生をいかに生きてきたかによって決まります。この摂理はすべての人間に例外なく当てはまることであり、どう繕ってみてもごまかしは効きません。

私が”摂理”という時それは大自然の法則のことを意味し、根本的には原因と結果の法則、すなわち因果律のことです。

自己中心の生活を送れば、その結果としていじけた性格ができ上がります。なぜなら、利己的になることは霊性がいじけていることを意味するからです。

他人を思いやる生活を送れば、それはあなた自身のことも思いやることになります。霊性が高まるからです。

この法則に例外はありません。




(*´ω`*) 良くも悪くも原因は自分なのだ
( `д´) ペッ!
くさった生活の中で、何か忘れているような、自分をダマしているような、何かダマされているような、まだ眠っているような、もう諦めたような、そんな感覚があります

でも、これって何なのか、人に聞いても教えてくれないし、生まれ持った特殊能力も無ければ、天からのお告げが来る気配も全くありません

だから、ちょっと、めんどうで大変だけれど、自分で少しずつ大切なものを見つけていきマス

ちなみに、私は無宗教です。なんとなく昔から、集団や団体の中にいると、ぬるま湯に浸かった感じがして居心地が悪いし、誰かにすがると、弱みを握られ、自由を奪われそうな感じがしちゃうのです

※リンクフリーです(。・_・。)ノ
雨にも負けず(宮澤賢治)
雨にも負けず 風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫な身体を持ち
欲は無く 決して怒らず
いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり
そして忘れず

野原の松の林の蔭の
小さな萱葺きの小屋にいて
東に病気の子供あれば
行って看病してやり
西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行って怖がらなくてもいいと言い
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろと言い

日照りのときは涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き
皆にデクノボーと呼ばれ
ほめられもせず
苦にもされず

そういうものに
私はなりたい
自己成長のために
自分をぐんぐん成長させるために、積極的に、嫌なこと、辛いことに立ち向かおう

時には倒れても、時には踏まれても、強い強い雑草のように、必ず立ち上がろう

もっともっと泥まみれになって、どんどん自分を磨いていこう

そして、どんなときも、笑顔を忘れず、前を向いて、キレイな心にしがみついて生きていこう
宮澤賢治じゃないけど
自分の周りが幸せじゃないと、自分の幸せは無いと思う

みんなとは登山で腰に巻いた命綱のようなものでつながっているみたい

だから、だれかが不幸で立ち止まっていると、自分も登れないし、自分だけ幸せになろうとしても、みんなが動かなければ登れない

だから、他人の不幸は自分の不幸だし、他人が幸せになって初めて自分も幸せになれる

つまり、自分が幸せになりたかったら、まず、自分の周りの人を幸せにしないといけない

目に見えないけど、みんなとはいつも一緒みたい
カテゴリ
月別アーカイブ
魂の進化(自己完成への道)
人間はさまざまな形で道を踏み外しては、悪の道を進み、下へ下へと落ちていくのです

この最低の深度にいる間は、自我の中に沈みきっていて、動物と同じく、ただただ自己の快楽と力のみを求めるのです

そして、十分に目覚め、世俗的な心と習慣を捨て、動物的な本能にとらわれなくなると、今まで夢にも思わなかった内的世界に気付くようになるです

ここで遂に、全ての人が兄弟であり、そばの友は自分と同じものを求め、自分と同じ道を辿っているのだと知ります。この理解の目覚めと共に、一切の利己的な野心と願望が後を絶ちます

そして心が遂に変わり、上昇が始まります。光ある方々の群れと一つとなって、前へ前へと波うちます

その魂はもはや、泳いでいる時、他の人々を押して沈めようなどとは思いません。なぜなら、人間として完全な魂の達成という素晴らしい目標に向かって、他の人々も自分自身も、善や悪を経験しながら努力しているだということがわかるからです

自分自身の欠点や弱点を克服し、自分が置かれた境遇や、人間の生活を縛っているさまざまな制限を克服することによって、自己は完成されるのです

人間はこの道を歩むことによってのみ、自己を完成することができるのです

贈り主:コナン・ドイル、ホワイト・イーグル
全てに愛おしさを
例えあなたが嫌なコトをしてきても、私は愛情と優しさでしか返さない

全てが愛おしい

あなたが無知で可愛そうだと思い、何とか助けたいと思う


みたいにできたらいいなぁ
約束
どんなにショックを受けた時も、
どんなに屈辱を味わった時も、
どんなに苦しく辛い時も、
さらに、
100%損だと思った時も、
100%相手が悪いと思った時も、
その他いつどんな時も、

自分がされて嫌だと思うコトは他に絶対にしない!

だって、自分がしたコトは、良い悪いに関係無く、ぜ~んぶ自分に返ってきちゃうみたいだから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。